競技規定


岐阜北カントリー倶楽部 競技規定

岐阜北カントリー倶楽部 競技委員会

 

競技規定

1.ゴルフ規則

日本ゴルフ協会ゴルフ規則及びローカルルール並びに本倶楽部の競技規定・競技細則及び附則を適用する。

 

2.競技委員会の裁定及び委嘱等

競技委員会は競技の条件を修正する権限を有し、すべての事柄について、この委員会の裁定は最終である。委員会は、裁定の権限を本倶楽部職員に委嘱することができる。

競技のスターター及びアテストは競技委員会が行う。但し、クラブチャンピオンシップ、シニアチャンピオンシップ、グランドシニアチャンピオンシップ、スクラッチ競技、理事長杯以外の競技は、本倶楽部職員に委嘱することができる。

金曜杯、Saturdayシニアレディス杯、シニアレディス競技、岐阜北謝恩杯については、スターター及びアテストを行わず開催することができる。

 

3.使用球の規格

プレーヤーの使用球はR&A発行の最新の公認球リストに載っているものでなければならない。

この条件の違反の罰は 競技失格


.使用クラブの規格

プレーヤーが持ち運ぶドライバーはR&Aによって発行される最新の適合ドライバーヘッドリスト(モデルとロフトで識別される)上に掲載されているクラブヘッドを持つものでなければならない。

例外:1999年より前に製造されたクラブヘッドを持つドライバーはこの条件から免除

される。

規則4.1aに違反してストロークを行ったことに対する罰は 競技失格


5.競技終了時点

本倶楽部の競技は、競技委員会の成績発表がなされた時点で競技終了したものとみなす。


6.プレーの中断と再開

(1)プレーの中断(落雷などの危険を伴わない気象状況)についてはゴルフ規則 5.7 に従って処置すること。

(2)険悪な気象状況にあるため、委員会の決定によりプレーが即時中断となった場合、すべてのプレーヤーは、直ちにプレーを止めなければならず、委員会がプレーを再開するまでは別のストロークを行ってはならない。

競技者がすぐにプレーを中断しなかったときは、ゴルフ規則 5.7b(例外)に決められているような罰を免除する正当な事情がなければその競技者は競技失格とする。

(3)プレーの中断と再開の合図について

プレーの即時中断:1回の長いサイレンを鳴らして通報する。

プレーの再開:短い間隔のサイレンを繰り返し鳴らして通報する。


7.キャディの使用と移動について

競技委員会が別途定める場合を除き、正規のラウンド中、キャディの使用を禁止する。

プレーヤーはキャディに支援してもらったその各ホールに対して一般の罰を受ける。

違反がホールとホールの間まで続く場合、プレーヤーは次のホールで一般の罰を受ける。

ラウンド中の共用ゴルフカートの使用(乗車)を認める。

カートは、共用するプレーヤーが運転(操作)することができる。

 

8.不当の遅延、スロープレーについて

  プレーヤーは、ホールのプレー中、またはホールとホールの間のいずれでもプレーを不当に送らせてはならない。(規則5.6a

  規則5.6aの違反の罰

   ・最初の違反:1罰打

   ・2回目の違反:一般の罰

   ・3回目の違反:競技失格

 ※但し、急病やけがの手当てのためなど委員会がやむを得ないと認めた場合、罰はない。

 障害もなく気を散らすものがなく、プレーできるようになった後、40秒以内にストロークを行うことを推奨する。

 

9.コールオンについて

ショートホールにおいて後続の組がティーイングエリアで待っている時には、前の組との間隔を考慮したうえで全員の球をマークして拾い上げ、競技者の判断で後続の組にティーショットを打たせることが出来るものとする。

尚、これに応じた後続組の各プレーヤーは自分の球が先行組のプレーの妨げになったり援助になるときは球を拾い上げて良いと先行組に許可を与えたものとする。

 

 

 

 

≪ローカルルール≫

1.競技参加の条件と署名

スタート時間の20分前までに受付で署名をしなかった場合、本競技に出場する意思がなかったものとみなし、欠場として扱う。

但し、参加者からスタート時間の20分前までに連絡があり、スタート時間に間に合った場合は、その競技に参加することができる。ただし、このようなケースが作為的に続くようならば、電話連絡をしたとしても参加する意思がないものと見なす。また、事前連絡がなく、参加者がスタート時間に間に合い、本人の競技参加への意思表示が確認できた場合は、オープン参加として、その競技に参加することができる。この場合も、競技の心得を尊重する為に競技参加料を徴する。


2.アウトオブバウンズについて

アウトオブバウンズの境界は、白杭で示す。

1打がアウトオブバウンズまたは紛失球となった場合、特設ティーが設置されているホールの場合は、その特設ティーより第4打として打つことができる。但し、その競技に於いて特設ティーの使用を禁止した場合は、特設ティーを使用してはならない。

すべてのホールに於いて、アウトアブバウンズの境界を越えて隣接するホールに球が止まった場合は、アウトオブバウンズとする。


3.異常なグラウンド状態(規則16.1)の修理地について

修理地の境界は、青杭または白線で示す。

プレーヤーの球が青杭、白線で表示してある区域内にある場合や、その区域がプレーヤーのスタンスや意図するスイング区域の妨げとなる場合には、プレーヤーはゴルフ規則16.1(異常なグラウンド状態)による救済を受けることができる。

ジェネラルエリアおよびバンカー内において、鳥または動物の糞がプレーヤーのスタンスや意図するスイング区域の妨げとなる場合には、プレーヤーはルースインペディメントとして扱うか、ゴルフ規則16.1による修理地として救済を受けることができる。

 

4.動かせない障害物について

動かせない障害物による障害からの救済はゴルフ規則16.1により受けることができる。

 球がジェネラルエリアにある場合、プレーヤーは動かせない障害物が次の場合、規則16.1に基づいて救済を受けることができる。

・ プレーの線上にある。そして、

・ そのパッティンググリーンから2クラブレングス以内にある。そして、

・ 球から2クラブレングス以内にある。

 

例外-プレーの線が明らかに不合理な場合、救済はない。

プレーヤーが明らかに不合理なプレーの線を選択する場合、このローカルルールに基づく救済はない。

コース内の溝や排水路(U字溝)は動かせない障害物とし、人口の表面を持つ道路に接した排水溝は、その道路の一部とする。

 

ローカルルールに違反して誤所から球をプレーしたことに対する罰:規則14.7aに基づく一般の罰。


5.目的外グリーン(予備グリーン)について

 クローズド(Closed)の表示のある予備グリーンは、「目的外グリーン」とし、球が目的外グリーンに触れている、または、目的外グリーンがプレーヤーのスタンスや意図するスイングの区域の物理的な障害となる場合、目的外グリーンによる障害が生じたという。目的外グリーンにより障害がある場合、プレーヤーは球をあるがままの状態でプレーしてはならない。プレーヤーは、罰なしにゴルフ規則13.1fを適用しなければならない。

 

 ローカルルールの違反の罰:一般の罰。


6.ホールとホールの間の練習禁止

2つのホールのプレーの間、プレーヤーは次のことをしてはならない。

・ 終了したばかりのパッティンググリーンやその近くで練習ストロークを行う。

・ 終了したばかりのパッティンググリーンの表面をこすったり、球を転がすことによってパッティンググリーン面をテストする。

 

ローカルルールの違反の罰:一般の罰。

 

7.カート道路等について

電磁誘導カート用の2本の舗装軌道、その間に存在する帯状の芝地(アスファルト舗装道路は除く)は、プレー禁止区域とし、その上に球が止まっているかスタンスがかかる場合は、プレーヤーはゴルフ規則16.1fを適用しなければならない。

但し、アウトオブバウンズにあるカート道路等からの救済は受けることができない。

このローカルルールに違反して誤所から球をプレーしたことに対する罰

 規則14.7aに基づく一般の罰。

 

 

 

 

 

≪競技細則≫

1.本競技細則の運用に関する一切の事項は、競技委員会が決定する

 

2.ストロークプレーの競技は、次の条項により行う

 1 競技参加者はスタート時間までにプレーが出来る状態で、スタートティーに到着しなければならない。

   この競技細則の罰は、ゴルフ規則5.3aによる。

2 競技参加者が2組(6名)に満たない場合、競技は不成立とする。

 3 競技は通常3人又は4人組で行い、その組のハンディキャップが合計で次の数を越えないこととする。但し、委員会がやむを得ないと認めた場合はこの限りではない。

    3人組 H‘cp(90) 4人組 H‘cp(100

 4 競技参加者は、ハンディキャップを有せざる者並びに競技不参加者とプレーしてはならない。またアテスターは同伴競技者でN.Rでない会員に限る。

   この規則の違反の罰は、競技失格

 5 スコアーをN.Rした場合、次回の入賞を認めない。

途中棄権した場合、棄権したホールまでのスコアーを明示し、カードの提出を行うものとする。その状態により、委員会にて適宜の処置をとる場合がある。

 6 順位がタイとなった場合は、マッチング・スコアカード方式により決定する。

   ただし、クラブチャンピオンシップ、シニアチャンピオンシップ、グランドシニアチャンピオンシップ、スクラッチ競技の優勝者は、プレーオフにて決定する。

 7 倶楽部競技において、スコアカードを未提出とした場合、その競技者は3ヶ月間全ての倶楽部競技会への出場を停止とする。

 8 3ヶ月以上の当倶楽部競技への不参加者は優勝のみ権利を失い、その権利は次順位の者へ移る。ただし、スクラッチハンディ競技及びダブルペリア方式の競技を除く。

   降雪等により出場権利のある競技が中止になった場合は、その月をカウントしないこととする。

   また、岐阜北カントリー倶楽部以外で取得したハンディキャップにより、最初に倶楽部競技会に出場した者は優勝のみ権利を失い、その権利は次順位の者へ移る。

ただし、スクラッチ競技及びダブルペリア方式の競技を除く。

 9 予選競技において、決勝ラウンドへの進出権利者の中で辞退者が出た場合は、成績順に繰り上げ通過として出場することができる。

 

3.委員会においてやむを得ないと認めた場合は、本細則施行に当たり適宜の処置をとる

ことがある

 


 

≪附 則≫

Ⅰ.競技日程中◎印の競技は、2週間前までに申込むことを要す。但し、空きがある場合はこの限りではない。組合せ及びスタート時刻は委員会において決定の上通知する。

Ⅱ.◎印の競技出場資格は、ハンディキャップ25以上とし、26以下の者も25として参加することが出来る。

但し、クラブチャンピオンシップに限り15以下の者は参加出来ない。

Ⅲ.月例競技は次のように区分する。

   Aクラス ~12

   Bクラス1318

   Cクラス19

Ⅳ.他倶楽部でハンディキャップの変更がある場合は、速やかに委員会に通告しハンディキャップの変更決定を受けなければならない。これを怠った場合は、競技失格とする。

Ⅴ.前日の正午からの取消し及び無断欠席の場合は、競技参加料も徴する。

Ⅵ.シニア競技の参加資格は、満60才以上とする。

  グランドシニア競技の参加資格は、満70才以上とする。

Ⅶ.平日会員は下記競技に限り参加できる。

  初春杯、平日開催競技、土曜杯、グランドマンスリー杯、ラストコール杯

Ⅷ.満70才以上はゴールドマーカー、75才以上は赤マーカーからプレーよりプレーする

ことが出来る。

  また、女性は赤マーク(満75才以上はピンクマーカー)を使用する事ができる。

もしくは、従来のハンディキャップに加算して、同じティーマーカーまたは、白マークから打つことができる。

  但し、クラブチャンピオンシップ、スクラッチ競技、理事長杯を除く。

 

 

≪注意事項≫

1.競技の条件やローカルルールに追加、変更のあるときは、スターティングエリア及びクラブハウス内掲示板に掲示して告示する。

2.練習は指定練習場にて行うこと。

3.パッティンググリーンに著しく損傷を与えるシューズは使用禁止とする。

4.競技委員会は競技中を含めいつでも、出場に相応しないと判断した競技者の参加資格を取り消すことができる。

5.指定スタート時刻5分前には必ずスターティングエリア周辺に待機すること。

6.安全上・健康上、プレー中は必ずキャップを着用すること。着帽をしない場合は、競技

会への出場を禁止する。ハウス内では脱帽のこと。

また、襟付きスポーツシャツまたはタートルネックシャツを着用すること。

(Tシャツ等に類似した襟の無いものは不可。)

 


 

平成2771日改定

平成28529日改定

平成2951日改定

平成30430日改定

                                                                                                               平成3111日改定