競技規定


岐阜北カントリー倶楽部 競技規定

岐阜北カントリー倶楽部 競技委員会

 

競技規定

1.ゴルフ規則

日本ゴルフ協会ゴルフ規則及びローカルルール並びに本倶楽部の競技規定・競技細則及び附則を適用する。

 

2.競技委員会の裁定及び委嘱等

競技委員会は競技の条件を修正する権限を有し、すべての事柄について、この委員会の裁定は最終である。委員会は、裁定の権限を本倶楽部職員に委嘱することができる。

競技のスターター及びアテストは競技委員会が行う。但し、クラブチャンピオンシップ、シニアチャンピオンシップ、グランドシニアチャンピオンシップ、スクラッチ競技、理事長杯以外の競技は、本倶楽部職員に委嘱することができる。

金曜杯、Saturdayシニアレディス杯、シニアレディス競技、岐阜北謝恩杯については、スターター及びアテストを行わず開催することができる。

 

3.使用球の規格

プレーヤーの使用球はR&A発行の最新の公認球リストに載っているものでなければならない。

この条件の違反の罰は 競技失格

 

.使用クラブの規格

プレーヤーが持ち運ぶドライバーはR&Aによって発行される最新の適合ドライバーヘッドリスト(モデルとロフトで識別される)上に掲載されているクラブヘッドを持つものでなければならない。

例外:1999年より前に製造されたクラブヘッドを持つドライバーはこの条件から免除

される。

この条件に違反する1または複数のクラブでストロークを行ってはいないが、それらのクラブを持ち運んだことに対する罰は

マッチプレー:違反が発見されたホールを終えた時点でのマッチの状態を、違反があった各ホールについて1ホールずつ差し引いて調整する。ただし、差し引くのは1ラウンドにつき最高2ホールまで。

  ストロークプレー:違反があった各ホールに対し2打。ただし、1ラウンドにつき最 高4打まで(違反のあった最初の2ホールに各2打の罰)

  マッチプレーとストロークプレーに共通:ホールとホールの間で違反が発見されたときは、次のホールのプレー中に違反が発見されたものとみなされ、罰はそれに応じて適用されなければならない。

プレーヤーが持ち運んだこの条件に違反しているクラブについて、プレーヤーはその違反を発見次第、マッチプレーでは相手に、ストロークプレーではマーカーか同伴競技者にその不使用宣言をしなければならない。プレーヤーがそうしなかった場合は競技失格となる。

この条件に違反するクラブでストロークを行ったことに対する罰は 競技失格

 

5.競技終了時点

本倶楽部の競技は、競技委員会の成績発表がなされた時点で競技終了したものとみなす。

 

6.プレーの中断と再開

(1)プレーの中断(落雷などの危険を伴わない気象状況)についてはゴルフ規則 6-8b c d に従って処置すること。

(2)険悪な気象状況にあるため、委員会の決定によりプレーが中断となった場合、同じ組の競技者全員がホールとホールの間にいたときは、各競技者は委員会よりプレー再開の指示が出るまでプレーを再開してはならない。ホールのプレーの途中であったときは、各競技者はすぐにプレーを中断しなければならず、そのあと委員会よりプレー再開の指示が出るまでプレーを再開してはならない。競技者がすぐにプレーを中断しなかったときは、ゴルフ規則 33-7 に決められているような罰を免除する正当な事情がなければその競技者は競技失格とする。

(3)プレーの中断と再開の合図について

通常のプレー中断:1回の長いサイレンを鳴らして通報する。

プレーの再開:短い間隔のサイレンを繰り返し鳴らして通報する。

 

7.キャディの使用と移動について

競技委員会が別途定める場合を除き、正規のラウンド中、キャディの使用を禁止する。

本条件違反の罰や処置は『ゴルフ規則付Ⅰ()2』を適用する。

ラウンド中の共用ゴルフカートの使用を認める。

カートは、共用するプレーヤーが運転(操作)することができる。カートを使用する場合は、カートはプレーヤーの携帯品の一部とする。

カートを共用する場合は、共用カートとそれに乗っている人や物は、球が関連している時はすべてその球の持ち主の携帯品とみなす。但し、そのカートを共用しているプレーヤーの一人が自分のためにカートを運転(操作)していたときは、そのカートとそれに乗っている人や物はすべてそのプレーヤーの携帯品とみなす。

 

 

 

 

 

 

8.不当の遅延、スロープレーについて

  遅延プレーについて、ハーフ終了時点で前の組と20分以上遅延した場合は、警告をする。ラウンド終了後アテスト時点において、前の組と20分以上遅延していた場合は、その組全員に1打罰を課すこととする。

但し、急病やけがの手当てのためなど委員会がやむを得ないと認めた場合、罰はない。

 

9.コールオンについて

ショートホールにおいて後続の組がティーインググラウンドで待っている時には、前の組との間隔を考慮したうえで全員の球をマークして拾い上げ、競技者の判断で後続の組にティーショットを打たせることが出来るものとする。

尚、これに応じた後続組の各プレーヤーは自分の球が先行組のプレーの妨げになったり援助になるときは球を拾い上げて良いと先行組に許可を与えたものとする。

 

平成2781日改定

平成2951日改定

 

 

 

 

≪ローカルルール≫

1.競技参加の条件と署名

スタート時間の20分前までに受付で署名をしなかった場合、本競技に出場する意思がなかったものとみなし、欠場として扱う。

但し、参加者からスタート時間の20分前までに連絡があり、スタート時間に間に合った場合は、その競技に参加することができる。ただし、このようなケースが作為的に続くようならば、電話連絡をしたとしても参加する意思がないものと見なす。また、事前連絡がなく、参加者がスタート時間に間に合い、本人の競技参加への意思表示が確認できた場合は、オープン参加として、その競技に参加することができる。この場合も、競技の心得を尊重する為に競技参加料を徴する。

 

2.アウトオブバウンズについて

アウトオブバウンズの境界は、白杭で示す。

1打がアウトオブバウンズまたは紛失球となった場合、特設ティーが設置されているホールの場合は、その特設ティーより第4打として打つことができる。但し、その競技に於いて特設ティーの使用を禁止した場合は、特設ティーを使用してはならない。

すべてのホールに於いて、アウトアブバウンズの境界を越えて隣接するホールに球が止まった場合は、アウトオブバウンズとする。

 

3.異常なグラウンド状態(規則25)について

修理地の境界は、青杭または白線で示す。

プレーヤーの球が青杭、白線で表示してある区域内にある場合や、その区域がプレーヤーのスタンスや意図するスイング区域の妨げとなる場合には、プレーヤーはゴルフ規則25-1(異常なグラウンド状態)による救済を受けることができる。

スルーザグリーンおよびバンカー内において、鳥または動物の糞がプレーヤーのスタンスや意図するスイング区域の妨げとなる場合には、プレーヤーはルースインペディメントとして扱うか、ゴルフ規則25-1による修理地として救済を受けることができる。

このローカルルールの違反の罰は

 マッチプレーでは そのホールの負け

 ストロークプレーでは 2

 

4.予備グリーンについて

 クローズド(Closed)の表示のある予備グリーンは、「目的外のパッティグリーン」とし、球が目的外のパッティンググリーン上にある場合、目的外のパッティンググリーンによる障害が生じたという。プレーヤーのスタンスや意図するスイングの区域が妨げられても、それだけでは規則25-3にいう障害には当たらない。プレーヤーの球が目的外のパッティンググリーン上にある場合、プレーヤーは球をあるがままの状態でプレーしてはならない。プレーヤーは、罰なしにゴルフ規則25-3bを適用しなければならない。

 

このローカルルールの違反の罰は

 マッチプレーでは そのホールの負け

 ストロークプレーでは 2

 

5.ホールとホールの間の練習禁止

ホールとホールの間では、プレーヤーは最後にプレーしたホールのパッティンググリーン上やその近くで練習ストロークをしてはならないし、球を転がすことによって最後にプレーしたホールのパッティンググリーン面をテストしてはならない。

この条件の違反の罰は

 マッチプレー:次のホールの負け

 ストロークプレー:次のホールに2打の罰

  マッチプレーとストロークプレーに共通:正規のラウンドの最終ホールで違反が

あった場合はそのホールに対して罰を受ける。

 

6.動かせない障害物について

動かせない障害物による障害からの救済はゴルフ規則24-2により受けることができる。

 加えて、球がスルーザグリーンにある場合で、動かせない障害物が(a)パッティンググリーン上かまたはそのパッティンググリーンから2クラブレングス以内にあり、(b)球からも2クラブレングスの範囲内で、しかも(c)球とホールの間のプレーの線上にかかっているときは、プレーヤーは次のような救済を受けることができる。

 その球を拾い上げて、(a)ホールに近づかずに、(b)障害物の介在が避けられる、(c)ハザード内でもパッティンググリーン上でもない場所で、球のあった箇所に最も近い所にドロップしなければならない。

  プレーヤーの球がパッティンググリーン上にあり、そのパッティンググリーンから2クラブレングス以内にある動かせない障害物が、プレーヤーのパットの線上にかかるときは、プレーヤーは次のような救済を受けることができる。

  その球を拾い上げて、(a)ホールに近づかずに、(b)障害物の介在が避けられる、(c)ハザード内でない場所で、球のあった箇所に最も近い所にプレースしなければならない。

 拾い上げた球はふくことができる。

例外:動かせない障害物以外のものによる障害のためにストロークすることが明らかに無理な場合、プレーヤーはこのローカルルールによる救済を受けることはできない。

このローカルルールの違反の罰は

マッチプレーでは そのホールの負け

ストロークプレーでは 2

 

 

 

 

 

7.カート道路等について

電磁誘導カート用の2本の舗装軌道、その間に存在する帯状の芝地及びアスファルト舗装道路は、プレー禁止の修理地とし、その上に球が止まっているかスタンスがかかる場合は、プレーヤーはゴルフ規則25-1b(ⅰ)を適用しなければならない。

但し、アウトオブバウンズにあるカート道路等からの救済は受けることができない。

このローカルルールの違反の罰は

 マッチプレーでは そのホールの負け

  ストロークプレーでは 2

 

8.距離計測機器について

倶楽部競技において、プレーヤーは距離計測機器の使用によって距離の情報を得ることができる。正規のラウンド中にプレーヤーのプレーに影響する可能性のある他の条件(例えば、標高変化 、風速 など)を計測するために距離計測機器を使用した場合、プレーヤーは規則14-3(人工の機器と異常な携帯品、携帯品の異常な使用)の違反となる。

このローカルルールの違反の罰は 競技失格

 

9.バンカー内の石について (変更)

 バンカー内の石は動かせる障害物とする(規則24-1を適用)全ての競技に適用する

 

10.ウォーターハザードとラテラル・ウォーターハザードについて

 ウォーターハザードの限界は黄杭または黄線をもって標示する。

ラテラル・ウォーターハザードの限界は赤杭または赤線をもって標示する。

 :杭および線の両方により標示されている場合は、線がその限界を示す。

 コース内のウォーターハザード及びラテラル・ウォーターハザードの表示の無い溝や排水路 

 (U字溝)は動かせない障害物とし、人口の表面を持つ道路に接した排水溝は、その道路の一部とする。

 

11.パッティンググリーン上で偶然に球を動かす原因となったプレーヤーに罰を課さない

ローカルルール(規則18-2, 18-3, 20-1の修正)

プレーヤーの球がパッティンググリーン上にある場合、その球やボールマーカーがプレーヤーやパートナー、相手、またはそのいずれかのキャディや携帯品によって偶然に動かされても罰はない。

その球やボールマーカーは規則18-2, 18-3, そして規則20-1に規定されている通りにリプレースされなければならない。

このローカルルールはプレーヤーの球やボールマーカーがパッティンググリーン上にあり、いかなる動きも偶然である場合にだけ適用する。

 

注:パッティンググリーン上のプレーヤーの球が風、水あるいは重力などの他の自然現象の結果として動かされたものと判断された場合、その球はその新しい位置からあるがままの状態でプレーされなければならない。そのような状況で動かされたボールマーカーはリプレースされることになる。

 

(追加ルール)

12.地面にくい込んでいる球の救済

付属規則Ⅰ ()3aを適用する。

スルーザグリーンで、地面に球がくい込んでいるときは、その球は罰なしに拾い上げて、ホールに近づかず、しかも球の止まっていた箇所にできるだけ近い所にドロップすることができる。その際、拾い上げた球は拭くことができる。ドロップの際、球はスルーザグリーンのコース上に直接落ちなければならない。

 

 

 

平成2771日改定

平成28529日改定

平成2951日改定

平成30430日改定